妊娠8週、二回目の検診で流産の可能性があると言われ、9週で流産確定。その診察の10日後に1泊入院しての掻爬手術を予定していたのですが、結局6日後に自然流産となりました。

私のケースはお腹に赤ちゃんが留まったまま亡くなってしまう「稽留流産」。

稽留流産の場合、悲しいことではありますが、母体の安全のためにも亡くなってしまった赤ちゃんを体外に排出しなくてはいけません。調べた感じでは割と流産確定後すぐに手術を実施するケースも多いようですが、私の通っていた総合病院の先生からは、流産確定から10日後とやや間を置いて手術日を設定されました。

先生からは「手術前に自然に出てくることもあるので、大量の出血があった場合は夜間でも対応するので連絡してください」との指示をいただいていたのですが…

「どれくらい出血するの?」
「予兆もなく突然出血することもあるの?」 
「外出中に起きても対処できるような感じ?」

など、実際にどんなことが起こり得るのか、わからないことばかり。 

さらにこうした情報はオンライン上の情報も少なく、ブログや知恵袋、ママリなど、散らばっている体験談を探して読み漁るものの、知りたいような情報にはなかなかたどり着けませんでした。おそらく個人差もあるため専門医の方も確かなことを言えず、また実際に体験した人があえてその経験をネットに書くことは少ないのでしょう。

そこで私の体験を踏まえつつ、「自然流産が起こる可能性があるときに知っておきたかったこと」を書いておこうと思います。

なお、私のように実際に流産を宣告されてしまいその後なにが起こるか不安や疑問がある方に向けたものなので、記事の一番最後には実際の出血の様子をお伝えするための画像や、実際に出てきた胎嚢と思われるものの画像も掲載します。

一応画像をぼかした加工処理はしているのですが、決して気持ちが良いものではないので興味本位での閲覧はお勧めしません。ご理解いただいた上で読み進めてください

また、できるだけ同じような方の役に立てばと思い調べたりはしたつもりですが、あくまで専門家ではない一般人の経験と考えですので、そちらについてもご了承いただいた上でお読みいただくようお願いします。


稽留流産で自然流産する場合、どんな流れで進行するの?


稽留流産の場合、胎芽/胎児(※妊娠8週以前か8週以降かで呼び方が変わります)が胎内で亡くなってしまった時点で成長が止まり、子宮の内容物が自然に排出される(=自然流産)のを待つか、あるいは掻爬手術によって人工的に排出する必要があります。

ネットでいろいろ調べたところ、自然流産の場合、

少量の出血→腹痛→大量出血→胎嚢(白っぽい塊)排出→その後1週間〜1ヶ月ほどで出血が徐々に落ち着く

のような流れが一般的のようです。

少量の出血が認められてから胎嚢の排出までにかかる期間は、体験談などを読んだ範囲だと当日〜1週間以内が多いようでした。

子宮の内容物が全て自然に出てくれば完全流産、残った状態だと不全流産という状態で、不全流産の場合は胎盤の癒着や感染症を防ぐために子宮内容除去手術を行う場合が多いと思います。このあたりの判断は医師に委ねましょう。

痛みがひどい場合は嘔吐などを伴うこともあるようです。また、貧血のような症状になることもあります。

自然流産が始まる兆候はあるの?


私の個人的な経験、およびネットの情報を統合すると、兆候としては

・微量の出血
・生理痛のような痛み

がありそうです。

ただ、私の場合は出血は大量出血の2日前から確認できていたのですが、「これだ!」というようなわかりやすい腹痛はないまま突然ドバッという、仮にナプキンなどがあっても特大サイズでないと防ぎきれないような出血が始まったので、もしかすると腹痛はあてにしすぎない方がいいかもしれません。

知恵袋や個人ブログ、妊娠系アプリなどのコメントを見た範囲では微量の出血から始まるというのは大部分の人に当てはまりそうなので、生理の1日目、あるいは終わりかけのような出血が認められたら心の準備をしておくと安心かと思います。

なお私の場合は茶色っぽいおりもののような状態→少量の鮮血という感じでしたが、人によっては(気付くタイミングの問題?)最初から鮮血という場合も。いずれにしても、こまめにお手洗いに行ってショーツに出血がないかチェックすると良さそうです。


自然流産の可能性がある場合、外出はしてもいい?その際必要な持ち物はある?


外出の可否に関して言うと、個人的な意見としては、

茶色いおりもののようなものも含め、少しでも出血の気配があればしない方が安心。でもせざるを得ない場合もあると思うので、心の準備と、

・オムツorナプキン(始まったら1枚では全然足りないと思うので、できるだけたくさん)
トイレットペーパー(公衆トイレで紙がないなどの場合もあるので1ロール入れておくと安心かも)
替えの下着(あると安心)
替えのボトムス(あると安心、あと元々履いてくものも白や薄い色は避けて)
ビニール袋数枚(下着などが汚れた場合に入れる用と、あと胎嚢が出た場合に入れられるように)
ウェットティッシュorおしりふき(血が床に垂れたりした場合に拭きやすい)
タオル(出血が落ち着いた後、帰りの車や電車などの座席に座る場合に下に敷くなど)

を持参することを推奨」という感じです。

次の項目で詳しく記載しますが、一度ドバッと出血が始まると止めることはできず、また相当な量の血液(子宮の内容物)が出る恐れがあるので、万一の場合に備えておくため、ナプキンを当てておくか、あるいはもしできれば介護用などのオムツ(100均でも売っていました)などを履いておいた方が安心だと感じました。

また、もしも小さい子がいる場合、子供と母親だけで出かけるのはできるだけ避けた方がいいです。出血してしまった場合、その子どもを見ている余裕はあまりなくなってしまうかと思うので、、狭い公衆トイレで大量出血で意識朦朧&混乱、みたいなときに乳幼児が泣いてるとか、地獄絵図です。。

ちなみに私は、微量の出血(生理の終わりかけのような茶色い感じ)が始まってからも、自然流産の出血を甘く見ていたため、というかよくわかっていなかったため、何の用意も持たずに1歳の息子と2人で数時間公園にいたり、バスに乗ったりしていました…結果的に運良く自宅に帰っていた夜のタイミングで大量の出血が始まりましたが、これが外出先で起こっていたら…と考えるとゾッとしました。 

もしものときのために備えて用心するに越したことはないと考えているので、そういった意識を持っていただきやすいかなと思い、本記事の最後に、すぐに自宅のトイレにナプキンを持って駆け込み、トイレットペーパーも自由に使えた状態でも防ぎきれず床に血が垂れてしまった画像(ぼかし処理済)も掲載しておきます。外で、何も持っていない状態だったらこんなものでは全く済まず、もっともっと悲惨なことになっていたのは間違いないです。

▼以下、特に男性へ

こんな状況なので、特にお子さんがいる場合、家でも外でも、できれば旦那さんはなにかあったときに他の子供の対応ができるよう側にいてほしいと思います。

また、お子さんがいない場合でも、精神的にも不安だったりするので、男性である自分には何もできないからなんて思わずに、飲みに行ったり遊びに行ったりはできるだけ控えて近くにいてほしいです。悲しくて辛いときに夫がいないことで、どうしても悲しい気持ちが増幅してしまいがちなので。やむを得ない場合には、「仕事だからどうしても外せなくて…辛い状況なのにごめんね、できるだけ早く帰るようにするね」など、フォローを手厚く。

おそらく男性と女性では、親になる意識が芽生えるタイミングが異なるので仕方のない部分もあると思うのですが…流産してしまった子供の親は2人なのに、流産の場合、身体的にも精神的にも女性のダメージが大きくなります。そんな時に気持ちに寄り添って支えてあげられるのは旦那さんしかいません。

いるだけでもいいんです。いないととても悲しいので、いることが大事なんです。


大量出血って、具体的にどれくらい?


専門家ではないので確実なことは言えませんが、おそらく妊娠何週目かによっても子宮内膜の厚みや胎盤・胎嚢の大きさが変わってくるのだと思います。

そのため、出血量や胎嚢が出てくる感じは人によっても、また胎芽/胎児が亡くなってしまったタイミングによっても異なるでしょう。

なので個人的な体験しかお伝えできないのですが…

突然「ドバッ」と膣口からなにかが降ってくるような感覚がしてトイレに駆け込んでからは、トイレに1時間ほぼこもりっぱなし。

その間、ずっと尿のようにダラダラ血が流れ続けていて、それをトイレットペーパーで押さえ続ける。サラサラした血液に混じってたまに長さ3cm程度の赤いレバー状の塊が出てきて、毎回「これが胎盤かも」と思ってトイレットペーパーで受け止める。(次項でも書きますが、結局このレバー状の塊は胎盤ではなかったようです)

とにかく血が出続けるので、私の場合はやや呼吸が浅くなり、貧血のようなふらっとした感覚でした。ただ、血が出続けてはいるものの、血を受け止める以外にはやることがないので、持っていたスマホで流産について流産の場合に出てくるであろう胎嚢について検索したりするくらいの余裕はありました。

出血量としては、1時間でトイレットペーパー2ロール使い切るくらい。
なお私の場合は、夜間だったのもあり電話をしたら急患があって改めてかけ直すと言われ1時間ほどトイレで電話待ちの状態が続いて、結局念のため入院の準備を持って今から来てくださいと言われたので、支度をして夫の運転する車で病院に行きました。胎嚢が出てきた感じがしたのは支度をしている最中だったかな。

人によっては胎嚢が出てくるまでにもっと時間がかかる場合もあると思いますし、胎嚢がなかなか出てこない不全流産の可能性もあります。とにかくなるべく早く病院に連絡をして子宮内の状況を診てもらうことを強くおすすめします。

※参考までに私の場合の胎芽や胎嚢の大きさを。画像は流産が確定した9d6dのエコー写真です。

CRL(頭殿長:頭からお尻までの長さ):0.68cm
GS(胎嚢):2.27cm

 

胎嚢って出てきたらわかるもの?


個人的な感想になりますが…初めての経験の場合、割とわからなかったです。

いや、正確には、わからなかったけど、最終的にはわかった、という感じ。

どういうことかというと、「親指くらいのレバー状の塊が出る」みたいな記事を読んでいたため、最初は数センチくらいの赤いレバー状の塊が出た時に、「これが胎嚢か」と思ったんです。なのでそれをナプキンの上に置いてとっておいたのですが、、しばらくしたら同じような赤いレバー状の塊がまた。また。また。そんな感じでレバー状のものが8回くらい出てきて混乱。

よくわからなくなってしまったので、トイレの中で出血に朦朧としながら「自然流産 胎嚢 わからない」などと改めてスマホで検索。すると、「ゼリー状」「卵の白身のようなもの」「白い塊」という情報が。

最終的には、大量の出血が始まって1時間ほどしたときに「うわっ」って感覚とともにこれまでとは明らかに違うものが出てきて、これだとわかりました。白っぽい塊の周りに血がついていて表面的にはいちごのジャムみたいな色で、大きさは直径3cm、厚さ1cmくらいでした(個人差あると思います)。

それが出たあとは、出血は続いているものの、なんとなく辛さや気持ち悪さがスッと引いたような感覚があったのを覚えています。

グロテスクだしお見せするものではないのですが、参考までに最後にぼかし処理をした上で画像を載せておきます。

なお、その前に出てきた赤いレバー状の塊は、今思うと子宮内膜の一部だったのでしょう。

胎嚢が出てきたらどうしたらいいの?


私の場合ですが、病院から「胎嚢が出てきたら病理検査のため持ってきてください」と言われていたので、出てきた胎嚢はナプキンで包み、ビニール袋に入れて持っていきました。後からもう少し調べたら、水で洗って持っていったとか、紙コップやタッパーに入れて持っていったとか、そういう情報もありました。

ひとまず、どうしたらいいかよくわからなかったらビニール袋やコップ、タッパーなどに入れて病院に持っていくのが良いと思います。

また、よくわからずトイレなどに流してしまうケースもあるようですし、私もそれを危惧していたため(個人的には、どうしても自分で受け止めてあげたかった)大きめのものが出そうな感じがしたらトイレットペーパーを当てて受け止めてとりあえず置いておく、みたいな感じを繰り返していました。体験談を読んでいると、風呂桶のようなものを置いて排出されたものをひとまずそこに留めておく、という方もいました。

最初は胎嚢が出てくるなんて怖いという気持ちもあったのですが、実際に出てくると不思議と愛おしい気持ちが湧いてきて、個人的には見送ってあげられた気がして良かったです。

ただ、突然のことで混乱すると思うし、流れてしまったとしても仕方のないことですし、捉え方もそれぞれなので。

病院にはいつ行けばいいの?


私の場合は、手術の予約はしていて、その前に大量出血があれば深夜でも対応するのでとりあえず電話してください、と言われていました。総合病院だったこともあると思います。

不全流産になる場合もありますし、素人には判断しかねるので、とりあえず大量出血が始まったら、できるだけ早いタイミングで病院に電話して状況を伝えつつ判断を委ねると良いと思います。

個人病院だったり、流産が起こるようなタイミングだと、分娩はやっていなくて健診のみという場合もあるかもしれません。そうした場合は夜間等だと電話がつながらないような場合もあると思うので、その場合は病院が開いたらすぐ電話する、あるいは症状が酷そうであれば別の夜間救急などに電話してみるのが良いと思います。


最後に画像を掲載しておきます(閲覧注意)


ここまで読んでいただきありがとうございます。正確な情報を掲載したいので、情報に誤り等があった場合、ぜひご指摘ください

最後には画像を載せておきます。

1枚目には突然自然流産が起こったら大変なので知識を入れておくこと、準備をしておくことが大切だよ、という注意喚起として、実際に出血した状況の写真を掲載しておきます。血はトイレットペーパーで抑えて基本的に流しているのですが、それでも押さえきれなかったものでこんな感じなので、突然外でとかだともっと大変な場合もあると思います。そんな事態に備えて上に書いておいたような持ち物は用意しておくと安心かと。


2枚目は、最初に胎嚢かと思ったレバー状の血の塊。

3枚目は、実際に出てきた胎嚢の写真です。


これ以降には文章はないので、参考にしたい方のみスクロールしてご覧ください。