生後6ヶ月を過ぎると、一般的に母乳からの免疫が切れて風邪を引きやすくなるといいますよね。

10ヶ月になるうちの息子はこれまで予防接種と健診以外で病院のお世話にならずにきていたのですが、ついに発熱デビューしてしまいました。

授乳していたところ、手足の裏がなんか熱いかも?熱を測ってみると、37.8℃。その後38.7℃まで上り、1日でまた37.7℃までは下がりました。少し足に発疹が出ていたので、赤ちゃんがよく罹患する突発性発疹かなと思いつつ、翌日念のため病院へ。

結果的には手足口病でした。

(余談ですが手足口病、こんな感じの得体の知れない病気というイメージだった…)

記録として、どんな症状が出たか、どんなものを食べさせたか、どんな薬を飲んだか、などを記しておきます。
 

突発性発疹かと思った理由


「赤ちゃん 発熱」で検索したり、親に相談する中で、0歳の赤ちゃんがかかりやすい病気として「突発性発疹」という名前が出てきました。

突発性発疹の症状を調べてみたところ

生後6カ月~1歳台の小児に好発する、ヒトヘルペスウイルス6あるいは7による急性ウイルス感染症です。

38~39℃台の発熱が3、4日続いたのち、解熱とともに全身に発疹が現れます。発疹は2、3日で消失します。発熱と発疹以外に比較的多くみられる症状として下痢があります。せきや鼻水を伴う場合もありますが、通常、呼吸器症状は少ないと考えられます。また、発熱の時期に熱性けいれんを合併することがあります。

六訂版 家庭医学大全 より一部抜粋)

とありました。他のサイトでは、「熱はあるものの比較的機嫌がいいことも」などとも。

息子の症状は

・38℃台の熱が出た
・熱が下がってきたタイミングで足に赤い発疹が少し出た
・熱以外の症状は特に見られない(ように感じた)
・少しぐったりしているものの機嫌はそこまで悪くない


という感じだったので、高熱が続く期間としては短いし発疹はわずかなものの、軽めの突発性発疹なのかな〜、なんて思っていました。

突発性発疹だとしたら、熱が下がりさえすればあとは安静にしておくのが良さそうなので、翌日の熱や様子を見て病院に行くか判断しようということに。

診断結果は手足口病。そういえば思い当たる節は随所に…


翌日の朝は36.7まで熱が下がっていたので、ひとまず様子を見ることに。

昼寝をして再度体温を測ってみると37.8℃。平熱の範囲とされている36.5〜37.5℃を再び超えてしまったので、念のため行っておこうかとかかりつけの小児科へ。

ちなみに足の発疹はこのときでこんな感じ。


診察室に入っておばあちゃん先生に昨日と今日の熱の推移を伝え、脚を見せて突発性発疹じゃないかと思ったんですが…と伝えると

「あら、久しぶりに見たわ。突発性発疹じゃないわね、これはえーと、手足口病」と。

「ヘルパンギーナみたいなものね。手にも出てるでしょう(と言って手を見る。手にはうっすら)」

「(喉を見て)ほら、水疱がたくさんできてる。これは痛そうね〜」

「よだれがたくさん出たりしなかった?飲み込むのが痛いから口を開けてよだれが出たりもするのよ〜」

見せてもらうと、たしかに喉には白っぽい小さな水ぶくれがいくつもできていました。

思い返してみると

・離乳食をあげるとワンワン泣いて食べ物を食べない
・よだれがいつもよりも出る

という症状もあったんですよね。離乳食については食欲がないのかな〜、と思っていたのですが、こんなに水疱があったらそりゃ痛かったね、ごめんね。。

処方としては、口内炎用の粉薬を3日分と、あと高熱が出たときのための解熱鎮痛剤としての座薬をいただきました。

粉薬は綺麗に洗った指に取って、少量の水で練ってほっぺの裏側につけるとのこと。座薬は38.5℃以上熱が出たときにお尻に入れるように。特に親が寝ている間に高熱が出たらいけないから、38.5℃以上出ていたら座薬を入れてから寝てくださいとのことでした。

また、栄養補給については、その日は母乳しかあげられていないことを伝えると、「酸味の強いものや熱いものなど刺激が強いものは避けて。プリンとかゼリーとかの喉ごしのよいものならたべるんじゃないかな、母乳以外にもできれば栄養を摂った方がいいから試してみて」とのこと。

手足口病で、10ヶ月の乳児でも食べられるものを試行錯誤


家に戻ってから、「手足口病 乳児 食べられるもの」などでいろいろと調べてみました。

おそらくその月齢で食べられるもので刺激の少ないものなら可能性があるのではないかと思い、

・絹ごし豆腐
・野菜フレーク(人参、じゃがいも)
・プレーンヨーグルト
・プリン(卵黄+粉ミルクで)
 ※レシピはこちら
・食パン

をあげてみることに。

(雑で見た目がアレですが、野菜フレークを水で溶いたもの)

(これは卵黄と粉ミルクのプリン)

すると、数口食べては授乳し、数口食べては授乳しではありましたが、なんとか全部食べてくれました。

これならたんぱく質、炭水化物、ビタミンも摂れたはず。ひとまずよかった。

ちなみに温度は、熱すぎず冷たすぎずをおすすめしている記事と冷たいものをおすすめしている記事があったのですが、冷た目で試してみました。

水分を受けつけてくれない子もいるようなので、それだと脱水症状も心配ですが、息子の場合は母乳はごくごく飲んでいるようだったのでそれもまだよかったです。

※野菜フレークは、離乳食初期の頃から重宝している大望のものを。離乳食初期はぬるま湯で溶いていたのですが、今回は水で溶いてひんやりめに仕上げました。



初めての高熱は不安なことばかり


初めて息子が熱を出して、自分の知識不足や判断ミスで息子をかわいそうな目に遭わせたくないという気持ちから、検索したりtwitterでフォロワーさんにいろいろ教えてもらったり親に聞いてみたりとあわあわしました。

特に調べてもよくわからなかったのが、寝るときはどれくらいの格好で寝かせればいいのか。「熱が高いときは放出させるため薄着でいい」と書かれていたのですが、薄着ってどこまで薄着でいいものか…

一応夏だしノースリーブの肌着で寝かせてしまおうと思い、twitterでフォローさせていただいている小児科医の先生に聞いてみたところ、室温にもよるが問題ないと思いますとお返事をいただいたのでそうしてみました。これくらい自分で判断しないとだと思うのですが、何もわからないし不安で。。

あととても怖かったのが「熱性けいれん」。高熱が出たときに白目になって呼吸が荒くなるなどのひきつけを起こすことで、慌てずに衣服を緩めるなどして気道を確保しつつ、身体を横向きにして様子を観察するといい、というようなことが書かれていますが(詳しくはきちんと専門の方が書いたページをご覧ください)いざ起こったらどうしようととても不安でした。

これからもたくさん病気して、その度に不安になるんだろうな。親のプレッシャー半端ないし、改めてこんなプレッシャーを乗り越えてきた親の皆さんリスペクトです。