ついに37週の正産期に入りました。検診ではもう少しかかりそうな感じでしたが、もういつ陣痛が来てもおかしくない時期…。

なのに、
わかってないことが多すぎる…


そんなツイートをしたら、








フォロワーのみなさまから、続々と回答が…(わーん、やさしすぎる。・゚・(ノД`)・゚・。)

せっかくなので、自分の頭を整理するためにも、いざ陣痛を感じたらなにをしたらいいのかをまとめてみようと思います。




1.痛みを感じて「もしかして陣痛かな?」と思ったら… 



定期的ではない前駆陣痛か、本物の陣痛か見極める必要があるので、まずは間隔がどれくらいか様子を見てみましょう。

※間隔を計測するために、メモを取るか、「陣痛きたかも」などのアプリを利用したらいいのかなと思っています。


2.前駆陣痛ではなく、陣痛のようであれば、折を見て産院に電話連絡



私の通っている産院では、初産婦は陣痛間隔が10分なのが6回以上続いたら(経産婦の場合は15分間隔)連絡するようにと言われました。状況を説明して、5〜6分になる頃には病院に着いていられるように、という感じらしいです。

とはいえ特に最初はわからないことも多いと思うので、不安に思ったらひとまず連絡してください、とのことでした。 

電話では「名前や診察券番号」「お産は何回目か」「陣痛の間隔(いつからはじまって、10分以内になったのはいつで、今は何分おきにきているか」「痛みの強さ」「出血や破水の有無」を伝えるようにしたらいいかと思います。(参考:
陣痛が始まった!病院に電話をする3つのポイント!



3.病院に行くことになったら、「関係者への連絡」「持ち物の最終確認」「シャワー」「栄養補給」



時間や気持ちに余裕があれば、かとも思うのですが、状況に応じて以下のようなことを行いましょう。

・旦那さんやご両親への連絡

→いつぐらいに病院に行くことになりそう、というのと、来れるようならいつぐらいに来てほしい、というのを伝えておけばよいかと思います。

・入院の際の持ち物の最終確認

→遅くとも臨月に入る頃までには入院準備を済ませておくとよいと思います。その上で、貴重品やメガネ、携帯の充電器、飲み物、簡単な食料、ウィダーinゼリー、洗顔フォームなど、間際に入れたいものを詰め込みましょう。(一応冷やして持って行けたらと思っているので飲み物やウィダーはここで入れるつもりですが、直前に慌てず済むように冷えてないものも入れておいてもいい気がします)保険証や診察券、母子手帳は必携です。

・シャワーを浴びる

→出産したら数日はお風呂に入れないこともあるので、今のうちにさっぱりしておきましょう。メイクは落とし、コンタクトやアクセサリーなどは外して、邪魔なものがない状態で向かうようにするのがよさそうです。

・栄養、水分補給

→出産は体力勝負!腹が減っては戦はできぬ!ということで、戦に備えてしっかり栄養を摂りましょう。すぐにエネルギーに変わるおにぎりやバナナなどがよくおすすめされています。食欲が無い場合はウィダーinゼリーなどで簡易的にエネルギーチャージをするのもよさそうです。また、水分も重要なのでしっかり飲みつつ、病院に行ってしまうと入手できない場合もあるので持参できる飲み物を事前に用意しておくことをおすすめします。

※飲み物が横になりながら飲めるアイテムも、よくおすすめされています。


4.病院へ向かう



慌てず戸締まりをして、入院グッズを持って、送ってもらえる場合は自家用車で(ご自身での運転は厳禁!)、そうでない場合はタクシーで産院に向かいましょう。特に深夜の場合など、なかなかタクシーが捕まらなかったり妊婦さんは断られてしまうというケースもあるそうなので、近郊のタクシー会社で「陣痛タクシー」のサービスを行っているところがあれば事前に登録しておくのがよいと思います。

※例として挙げると、私の住んでいる埼玉県では、つばめタクシーという会社がこうしたサービスを提供しています。

また、痛みを伴いますが出産は病気ではありません。産院からの指示がある場合を除いては、救急車を呼ぶということはしないようにしましょう。

注:破水をしている場合 



陣痛が来る前に破水があった場合は、赤ちゃんを包んでいる膜(卵膜)が破れて羊水が流れ出ている状態なので、速やかに病院に連絡して向かう必要があります。その場合は清潔なタオルなどで応急処置をしつつ、すぐに車で病院に向かいましょう。感染の恐れがあるので、入浴やシャワーなどは厳禁です。



以上、陣痛が来たらやることをまとめてみました。あくまで個人で収集した情報なのですが、少しでも参考になれば嬉しいです。間違ってるよー!とか、これもおすすめ!とかもあれば、ぜひ教えてくださいね♡

【こちらの記事もおすすめ】

・できれば母乳で育てたいという方。産後すぐが肝心です。
『産婦人科医ママと小児科医ママの らくちん授乳BOOK』は、子育て支援として産後の女性全員に配布してもいいのではというレベルのものだった

・私が用意した入院グッズ一覧。
ついに臨月。入院グッズを用意しました!